デイトレードの長所と短所

ffsd878 デイトレードとは、主に株やFXで実践可能な、対象金融商品購入後、同日中に同じ商品を売り払って利益を得る投資方法の一つです。
東京証券取引所は、基本的に土日・祝日・年末年始等が休みで、平日は午前9時から11時半までと午後12時半から15時まで営業していますので、株であればこの間に、FXであれば一日中デイトレードを行う事が出来ます。

デイトレードの利点は、何と言っても短期で決着がつく点でしょう。

バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記を参考にしてみましょう。

投資法というと、大抵が中長期の投資を条件としており、利益確定までにかなりの時間がかかるのが不満の方も多いです。
一方、デイトレードの利益は一日で確定しますので、極論ではありますが、一日一万円以上稼ぐと決めて実行さえすれば、それだけで生きて行く事も可能です。

昨今のグローバル化、IT化に伴って、世界の情報は瞬時に収集可能になり、その結果、24時間リアルタイムでデイトレードが行えるFXが誕生しました。今日では投資と言えば、FXデイトレードと言う程FXデイトレードは人々に認知されています。

デイトレードの欠点
一般にも広く浸透した感のあるデイトレードですが、実際に行うに当たって注意すべき点があります。

まず、デイトレードは他の投資法より知識が必要な事を意識しましょう。
株価や為替レートの一日の変動を示すチャートを、あらゆる角度から的確に分析する能力が求められます。
更に、それらの情報を一瞬で判断し、行動することも必要です。その為にほぼ一日中、相場の動きを監視しなくてはなりませんので、日中企業で働いている人には実践は難しいでしょう。

また、デイトレードに求められるこうした情報分析能力、判断能力は心理的な影響も受けますし、何よりデイトレードの結果は、運による部分が大きい所もあります。
デイトレードが良くハイリスク・ハイリターンと言われたり、ギャンブルに例えられたりするのにはこういった背景があります。

現実に、ノーベル経済学賞受賞者によるヘッジファンドが破綻したという事実が示す通り、プロの投資家でもデイトレードでは損失を被る事が結構あるのです。どんなプロであっても投資に失敗はつきものと言えるでしょう。

こうした理由により、資産運用のプロ達は大抵長期投資を勧めてきます。こちらの方が、リスクが低く安定しているからです。

余談ですが、私の知人でFXのデイトレードで、約一週間で100万円を儲けた人がいますが、その彼でさえ「怖いので金輪際やる気はない」と言っています。
デイトレードの恐ろしさが、少しはお分かり頂けたと思います。

そもそも、投資の本来の意義は、企業や国家に資金を預け有効活用してもらう事です。一方デイトレードは、短期間でお金を出し入れするので企業や国家はお金を効果的に使う時間がありません。
つまり、投資の本来の意義を満たしていないのです。
デイトレードのような超短期間での投資行為は、良く「投機」と呼ばれ、マネーゲームやギャンブルと同じ扱いを受ける事もあります。
デイトレードが、本来の投資の意義から外れてしまった行為となっている点には充分に注意すべきでしょう。

デイトレードのみならず、「短期間で高収益」の投資には、常に高いリスクがついて回ります。投資に限った話ではありませんが、お金か時間どちらかをかけるというリスクを負う事によって、もう一方のリスクが減るような仕組みになっているのです。
従って、投資を始めようとしている方には、やはり中長期の投資から始める事をお勧めします。

投資初心者は、投資にデイトレードのような一獲千金のイメージを持っている事が多いですが、実際はデイトレードに代表される短期投資は相応の知識や経験を持った人で、例え損を出しても受け入れられる精神的余裕のある人だけが、挑戦すべき方法と言えます。



他のエントリー情報

関連豆知識

リンクメニュー

円高円安

必読

規約
ご挨拶