円高・円安及び為替レートのシンプルな解説

fsd7sdf88 円高・円安及び為替レートについて、分かりやすく解説します。海外の金融商品に投資を行う時に、最も注意すべき点が為替差損益です。海外の金融商品への投資は、外貨で投資を行う事になりますので、もし投資対象の通貨より日本円の価値が高くなれば(円高)損が生じ、反対に投資対象の通貨より日本円の価値が低くなれば(円安)利益が出ます。

為替レートとは、「1米ドル=100円」等、外貨の価値を自国通貨の値で表した数字です。1970年代以前は1ドル360円のように、米ドルの為替レートは固定相場制を敷いていました。しかしニクソン・ショック以降の変動相場制採用後は、為替レートは常に変化するようになり、この変化で円高・円安どちらの傾向にあるかを知る事が出来ます。概して、円高はデフレと、円安はインフレと結びついています。

円高の特質
輸入はもうかるが、輸出はもうからない
国内の平均株価は下がり、債券価格は上がる
円の価値が上がり、国内の物価は下がる(デフレ)
資産家にうまみがあり、労働者には損な状態

円高とは、例えばレートが「1ドル100円」から「1ドル80円」に変化するような円の価値が上がる場合を示します。
この場合、今まで100円で買っていた米国製商品が、80円で買えるようになります。

ハイローオーストラリアの口座開設はここでもかなり利用価値が高いです。

逆に、100円の日本製商品を米ドルで買う場合は、それまでは1ドルで買えた所、1.25ドル出さないと買えなくなる訳です。100円の商品であれば、0.25ドル増えるだけですが、これが国と国の貿易や企業単位で考えるとかなりの出費になります。

経済に詳しくない人は、「円高」という言葉に対し「円の方が強いから、円を保持している日本や日本人にとって有利」という想像をするかもしれませんが、実際はそのように単純ではありません。

誰しも高い商品を購入する際は慎重になると思いますが、円高になると日本円や日本の商品を買うのに、海外の人もそれだけ注意深くなります。従って、国内全体としての平均株価は下がり、不景気に陥る事が多いのです。

円安の特質
輸出はもうかるが、輸入はもうからない
国内の平均株価は上がり、債券価格は下がる
円の価値が下がり、国内の物価は上がる(インフレ)
労働者にうまみがあり、資産家には損な状態

円安とは、例えばレートが「1ドル100円」から「1ドル120円」に変化するような円の価値が下がる場合を示します。この場合、今まで100円で買っていた米国製商品が、120円出さないと買えないようになります。逆に、100円の日本製商品を米ドルで買う場合は、それまで1ドルだった所を、約0.83ドルを出せば良い訳です。

経済に詳しくない人は、「円安」という言葉に対し「円が弱いのだから、円を保持している日本や日本人にとって不利」想像するかもしれませんが、誰しも高いものよりは安いものに注目するように、円安になると日本円や日本の商品を買う海外の人が多くなります。その結果、国内全体としての平均株価は上がり、好景気になる事が多いのです。

結局、円高と円安どちらがお得?インフレ・デフレ同様、それぞれに長所も短所もありますので、円高と円安のうちどちらの方が良いとは言えません。それぞれの利点、欠点を理解した上で、社会状況に応じて臨機応変に自己資産を運用する事が大切です。

とは言うものの、日本では多くの労働者が円安の方が良いという傾向にあるようです。なぜなら、仮に労働者自体も一つの商品として捉えると、円安下では日本製品が良く売れるので、それを製造する為の日本製労働力も需要が高まるからです。その為、円安下では雇用状況も好転する事が多いです。

1970年以前の高度経済成長期の固定相場制下の円安時代を振り返っても分かるように、当時の日本人労働者はこの状況下で、沢山の賃金を得ています。一方現在は円高傾向ですので、国際的に見て賃金の高い日本人労働者を敢えて雇用したいという人はいません。それゆえ、日本の労働者が多く稼ぐには不利な状況です。

通貨の価値が高いと、一般的に資本家と労働者の対立という、資本主義社会独特の図式が浮かび上がってきます。最近の例では、2008年のサブプライムローン問題、リーマンショックを契機として円高が非常に進んだ時で、信用を失った米ドルに対し、日本円は避難用通貨として人気を集め多くの海外投資家が日本円を買い、円の価値が急激に高まりました。

一方で、日本が食料の供給を海外からの輸入に頼っている点を考慮すると、労働者にとっても円高の方が望ましい側面がある事も忘れてはいけません。円高であれば、海外製品は安く買えますので、日本にとっては食料品を安く調達できるからです。従って、円高、円安はどちらが良い、悪いというものではなく、どちらも一長一短なのだと考えるべきでしょう。



他のエントリー情報

関連豆知識

リンクメニュー

円高円安

必読

規約
ご挨拶